メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


らくらく家財宅急便は着払いは使えるの?メルカリでの大型商品配送時の注意点を解説

男性

 

先日、このブログのメルカリNEWSに書いた「家具・家電キャンペーン」に冷蔵庫の写真が載っていました。

 

そこで気になったのは、冷蔵庫などの大型家電の配送料金です。

 

メルカリは、利用者に対してフリーマーケットの場を提供しているものであって、配送は各自の責任の元に手配をします。

 

大型家電ともなると、出品者側もそうですが、購入者側にも配送日の調整などが必要になってきます。

 

一人で簡単に持ち運べる物ではありませんので、搬入経路の有無、マンションなどに運び入れる場合のエレバーターに入るか?など、購入した後に打ち合わせしなければいけないことは多いです。

 

 

私も引越し以外で、大型家電を配送した経験はなく、的外れなことを書きたくないので、サービスを提供している会社などの公式ページから、引用やリンクを貼りながら解説していきたいと思います。

 

先にお断りしておきますが、大型家電の配送はイレギュラーな追加料金などが発生しやすい配送物なので、あくまで参考としてご覧ください。

 

 

 

冷蔵庫の配送料金は?

メルカリをメインで利用している出品者であれば、ヤマト運輸の利用頻度が高い方が多いと思いますので、ヤマトの大型家電配送サービス「らくらく家財宅急便」の料金から見ていきましょう。

 

▲参照したのは、リンクのヤマト運輸公式HPです。

 

 

【らくらく家財宅急便の特徴】

 

お客様のご都合のよい日・時間帯にお届けします。

  • ご希望のお届け日・時間帯を指定できます。時間帯指定可能エリアはこちら
    • 一部地域を除く
  • 搬入後すぐにお使いいただけるように、梱包を解いてご希望の場所に設置します。
  • 梱包に使用したダンボールなどの資材は、お届け時に回収します。
  • 家電のセッティングや家具の分解・組み立てなども、オプショナルサービスにて承ります。
    • 一部の地域では対応できない場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

4区分から選べます 午前中 12~15時 15~18時 18~21時

 ヤマトホームコンビニエンス株式会社 公式ホームページより引用

 

発送時の梱包、配送時の開梱、設置までがセットになっているのは安心ですね。

 

出品者側が梱包できるのかどうかの問題と、購入者側が開梱、設置できるのかという問題は、このサービスでは心配無用というわけです。

 

 

ただし、一部の島しょ部では利用できない場合があるため注意が必要です。

 

▼その他の詳しい注意事項はこちら。

 

 

 

【らくらく家財宅急便の料金】

 

例として、私の住む茨城県から、東京都に一人暮らし用2ドア冷蔵庫を配送した場合の料金を調べてみました。

 

 

サイズは、Amazonで現在一番人気のこの冷蔵庫で計算しています。

 

 この冷蔵庫はサイズ122×57×52cmです。

3辺の合計が231cmですので、Cランクの荷物となります。

 

 

この場合ですと、茨城県から東京都への配送料金は

7,398円(税込)です。

同エリア内の料金ですね。

 

 

もうひとつ、極端な例として

北海道の道北エリアから沖縄県で同じ冷蔵庫の場合は

24,354円(税込)です。

 

また、大型冷蔵庫などに多い、350cmまでのEランク配送の場合

同エリア内でも16,254円~になります。

 

 

ただし、この料金は、搬入方法やサイズなどに、事前認識に誤りがなかった場合になりますので、ご注意ください。

 

 

着払いを考えている方は要注意!

 

 これは出品側の注意点になりますが、このらくらく家財宅急便では着払いサービスは利用できません。(法人契約ならば可能)

 

 

お支払い方法

料金は、お荷物お預かり時の現金精算のみとなります。(搬出時・現金元払い)
着払い(搬入時のお支払い)はお取り扱いしておりません。
電子マネーでのお支払いには対応しておりません。

  • 代金引換サービスをご希望の場合は、法人契約が必要になります。
    詳しくはお問い合わせください。

ヤマトホームコンビニエンス株式会社 公式HPより引用:http://www.008008.jp/yhc/

 

 

ですので、個人の場合は、出品者が料金を支払うしかありません。

 

メルカリの利用規約には、商品の送料は、出品者が負担する場合には、商品代金に含むものとし、購入者が負担する場合には、商品の発送を着払いで行うものとし

 

という文言がありますので、規約に従えば、個人で送料別の場合、らくらく家財宅急便は利用できないことになります。

 

 

らくらく家財宅急便は、送料込みなら利用できる

 

らくらく家財宅急便を使った送料別が出来ないとなると、送料込みでの配送になります。

実際に、購入側の地域を指定して出品している方も見かけますが、当然、購入者に制限を掛けることはできません。

 

ですので、商品説明欄に関東の方限定などの文言を入れることにより、送料の目算を予め立てておくといったやり方があります。

 

しかし、メルカリの規約上にはこんな文面があるのです。

 

5.特定ユーザーへの販売を意図した出品

ユーザーは、他の特定のユーザーのみを対象とする販売を意図して商品を出品することができません。弊社は、その裁量により、出品の 条件その他の状況から、ある商品の出品が他の特定のユーザーのみを対象とする販売を意図するものであるか否かを判断することができ、かかる判断によって ユーザーに生じる損害について、一切責任を負わないものとします。

メルカリ公式ホームページ 利用規約より引用

 

規約上の話をしてしまうと、商品の説明が不十分なまま出品しても規約違反になりますので、現状のグレーゾーンかもしれませんが、この規約を当てはめると地域指定をしての出品はNGと読み取ることもできます。

 

つまり、違う地域の方に購入されてしまったから、キャンセルしたい旨を運営側に申し出ても、受理してもらえない可能性があるということです。

 

常識を持ち合わせている方であれば、そのような購入はしないとは思いますが、あくまでリスクを含んだ出品になってしまいます。

 

規約を全面的に守り、エリア指定もせずに、送料込みで出品するとなると、下手な料金設定で出品してしまうと赤字になってしまうかもしれません。

 

 

着払いが可能な配送サービスは?

 

 私が調べた限りでは、きっちりと梱包されていない状態の230cmクラス冷蔵庫を、配送可能な着払い対応サービスは見つけられませんでした。

個人が利用できる全国区の配送サービスでは、やはり、らくらく家財宅急便がメジャーなようです。

 

逆に、しっかりとした梱包状態の物であれば、佐川急便の「飛脚ラージサイズ宅急便」ならば、260cm以内、50kg以内であれば配送可能で着払いにも対応しています。

 

ですが、そういった例は少ないと思いますので、詳しくはリンクから御覧ください。

 

 

まとめ

 

  • 個人で利用できる冷蔵庫の梱包、開梱、設置サービス付きのサービスはらくらく家財宅急便がメジャー
  • らくらく家財宅急便は、個人では着払い(代引き)の利用ができない
  • 送料込みで、らくらく家財宅急便を利用して出品する場合は配送先によっては配送料がかなり高額になるので、料金設定に注意が必要
  • エリアを絞って購入者を限定するのは、規約上のグレーゾーン
  • 送料込みの出品から購入する場合には、開梱、設置付きのサービスなのかを確認する

 

以上が今回の記事のまとめになります。

結果としては、ある程度の利益を出すのは、業者の方でないと難しいのかなと思います。

 

 

処分しようとすると単身用サイズの冷蔵庫でも、リサイクル料金だけでも3,400円かかるため、赤字にさえならなければ良いという考え方もありますね。

 

実は私の家にも、単身用冷蔵庫が不要品になっているので、賢く冷蔵庫を出品する手段を知るために調べたのですが、出品は見送ることにしました。

 

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

《オススメ記事》