メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


私がプロフィールの無いユーザーを相手にしない理由、メルカリでの取引き相手の選び方。

相手の見えない恐怖

 

メルカリをやっていると必ず経験する、値下げコメントですが、自分の中の指標として、プロフィールの無い方からの値下げ要求はお断りすることにしています。

 

その理由をご覧頂きたいと思います。

 

評価のコメント欄は売りやすさを左右する

 

 私は、商品のクリーニングや梱包をかなり丁寧に行っています。

その分、過度な値下げはしませんが、値段が安い同じ商品の出品があっても、私の出品から購入してくれる方もいるのです。

 

商品説明の書き方などにも左右される部分ですが、最終的には出品者の評価が、購入側の重要な判断基準になります。

 

特に評価数が少ない内は、コメントの無い良評価が10件並んでいるのと、お褒めの言葉入りのコメントが10件並んでいるのでは、検討している方の受け取り方は格段に違ってきます。

 

ですので、評価の少ないうちは特に、丁寧な方と取引きをしたいのです。

プロフィールすら記入していない方が評価コメントをくれる可能性は低いです。

 

 気持ち良く取引きができる相手の選び方は、コチラの記事もご参考ください。

 

プロフィール画像もコメントも無し、そんな人とは取引きしたくない

 

誤解のないように断っておくと、これはメルカリの中だけの話であって、その方の性格や人格云々の話ではありません。

 

プロフィールを付けないということは、ただでさえ匿名性のあるメルカリの中で、まったく自分の人間性を示していないということです。

 

匿名性を確保した状態の人間が、どんなコミュニケーションを図るのかは、匿名掲示板サイト等を見れば明らかですね。

 

また、こういったスタンスで利用している方だと、コメントのやり取りがスムーズに出来なかったり、コメントの返信自体が無かったりもします。

受取り評価されないと、取引き完了にならないメルカリでは、余計な手間や心配事に繋がってきますね。

 

要するに、信用されないということです。

 

 

メルカリが、嫌な思いまでして利用したいものでないのなら、皆さんにも信用できる相手との取引きをおすすめします。

 

そうしないと、以前の記事で書いたような配送トラブルに見舞われた時も大変です。

逆に相手の方がしっかりとした方なら、多少のトラブルがあっても乗り越えられます。

 

メルカリで実際にあった配送トラブルはコチラ

 

ひょっとすると、ネットに匿名性を求める時期はもう終わったのかもしれません。

 

ネット上の信頼が現実世界にも影響する時代ですので、しっかりとマナーを意識した利用を心掛けていきましょう。

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございました。