読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


【メルカリ極意】まとめ出品で安く売って、高い利益を確実に稼ぐ方法

DVDの束

 

メルカリなどのフリマアプリで、大量のゲームや漫画、DVDやブルーレイなどを売りたいと思ったことはありませんか?

 

販売したい物が大量にあると、1点ずつの販売では対応に手間が掛かるし、売れば売っただけ発送にも出向かなければなりません。

単価の高い商品であればモチベーションも保てますが、数百円の物を大量に販売するとなると根気も必要になってきます。

 

そこで今回は、そんな時に便利なまとめ売りでの出品方法の極意を解説していきたいと思います。

 

極意というと大げさに聞こえるかもしれませんが、手間を圧倒的に少なくし、売り手の利益も、買い手の利益も徹底的に突き詰めた内容になっています。

 それだけにボリュームの多い記事ですが、本気でまとめ売りを習得したい方は是非最後までお読みください。

 

 

まとめ売りで手間と時間を節約する

 

 メルカリに限ったことではありませんが、ほとんどの方は仕事の合間や家事の空き時間など、生活の隙間を使ってフリマアプリを活用していると思います。

 

『売れたら嬉しいけど、大量の発送をこなすのは忙しくて無理。』

そんな方にとって、まとめ売りは最良の方法です。

 

ですが、まとめ売りは1点ずつの販売に比べ、売り手と買い手のニーズが合いにくく、販売するのが難しい面があります。

例えば、同じシリーズのゲームソフトをまとめて売ることは比較的簡単ですが、ジャンルがバラバラのゲームをまとめて売ろうとすると、一気に難易度が上がります。

 

とはいえ、私がゲームソフトやブルーレイをまとめ売りする時は、大体16点前後をセットにすることが多く、ジャンルがバラバラになることも少なくありません。

では、それでも販売することが出来るのはなぜでしょうか?

 

自慢したいわけではなく、商品のまとめ売りにはコツとツボ、いわゆる極意のようなものがあるのです。

 

 

まとめ売りのメリットとデメリットを知る

 

それを説明する前に、まずはまとめ売りのメリットとデメリットを、売り手と買い手の両方から見ていきたいと思います。これはまとめ売りのツボになる部分ですので、しっかりと押さえていきましょう。

 

【売り手のメリットとデメリット】

<メリット>

  • 手間が少なくて済む
  • 時間が節約できる
  • 配送料が調整できる

<デメリット>

  • 値段設定が難しい
  • 買い手がつきにくい
  • 安くしないと売れにくい

 

【買い手のメリットとデメリット】

<メリット>

  • まとめ売りで安ければお得感がある
  • 興味のある物がまとめて手に入る
  • 手間が少なくて済む

<デメリット>

  • 興味の無い商品があると損をした気分になる
  • 欲しい商品が少ないと買う気にならない
  • 安くなければまとめて買う意味があまり無い

 

このような点が、双方のメリットとデメリットになります。

売り手のメリット「配送料が調整できる」というのがピンとこなくても、後ほど出てきますので大丈夫です。

 

 

買い手のデメリットを潰す

 

買い手側のデメリットをまとめると、安くて魅力的なまとめ売りでなければ買わない。ということです。

 

『だからやっぱり無理じゃん。』という話ではなく、要はこのデメリットをメリットに変えられれば、まとめ売りができるのです。

 

そのためには商品を安くする必要がありますが、安売りしてしまっては元も子もありません。

ですが、販売価格が安くなっても利益が高くなれば問題はありませんよね?

 

それどころか、そうなれば売り手も買い手も得をすることになります。

 

次では、まとめ売りだからこそ可能なこの方法を、具体例を上げながら説明していきます。ポイントは配送料と手数料です。

 

 

販売価格を安くしても利益が高くなる理由

 

まとめ売りで、販売価格を安くしても利益金を高くできるのは、配送料を減らすことができるからです。

 

分かりにくいので、例を挙げます。

 

あなたが大量のゲームソフトを500円で販売したいとします。

1点ずつネコポスを利用して販売した場合、10点売ると195円×10=1,950円の配送料が掛かりますが、10点まとめて売る場合の配送料は700円(らくらくメルカリ便宅急便)です。

 

これはダンボール80サイズの配送料ですが、この時の差額は1,250円にもなります。

つまりこの場合、

1点500円×10回=5,000円で販売するのなら

10点×1回=3,750円で販売してもいいわけです。

 

この際、10%の手数料も500円から375円になり、125円減額されるので、3,750円のセット販売の方が125円利益金は高くなります。

 

1点500円のバラ売りと比較すると、10点セット4,000円の設定は、買い手にとってはソフト2本分安くなり、売り手にとっては350円利益金が増えることになります。

 

いかがですか?

まだ分かり難いですので、今度は一覧表で見てみたいと思います。

表は、私が一番売りやすいと感じる16点セットでの例です。

 

 

「安くしても儲かる」のカラクリが分かる一覧表

 

それでは、表を御覧ください。

分かりやすくするため、ゲーム価格は一律の500円とします。

 

表①<500円のゲームソフトを16点バラ売りする>

販売回数総販売価格販売手数料配送料利益金
16回 8,000円 800円 3,120円 4,080円

配送料:ネコポス195円×16回=3,120円

 

表②<①と同じ価格で16点まとめ売りする>

販売回数総販売価格販売手数料配送料利益金
1回 8,000円 800円 700円 6,500円

配送料:らくらくメルカリ便80サイズ宅急便=700円

 

表③<①と同じ利益で16点まとめ売りする>

販売回数総販売価格販売手数料配送料利益金
1回 5,311円 531円 700円 4,080円

 配送料:らくらくメルカリ便80サイズ宅急便=700円

 

表のとおり、

同じ価格で販売した①と②では、利益に2.420円の差があり

同じ利益で販売した①と③では、価格に2,689円の差があります。

 

 つまり、

バラ売りと同じ価格で売れば送料の差分、売り手が得する。

バラ売りと同じ利益で売れば価格の差分、買い手が得する。

ということです。

 

 

以上のことから、このケースの場合は、まとめ売りを5,311円以上の価格で行えば

  • 損もしない
  • 配送も一度で済む
  • 安いから売れる

と3拍子揃った形になります。

 

この「損もしない」を「利益を増やす」に変えたいのであれば、5,311円~8,000円の間で販売価格を調整すれば利益金を増やすことができます。

 

<6,000円で16点まとめ売りする>

総販売価格販売手数料配送料利益金
6,000円 600円 700円 4,700円

 

<7,000円で16点まとめ売りする>

総販売価格販売手数料配送料利益金
7,000円 700円 700円 5,600円

 

こういった価格でまとめ売りできれば、利益金が上って稼ぎを増やすことができます。

 

 

ツボを押さえて販売価格を設定する

 

例ではゲームソフトでしたが、基本的にはブルーレイやCD、漫画などにも応用が効きます。

実際には1点ずつ価格が違うことがほとんどですが、メルカリで売れる価格設定を1点ずつチェックし、セットでの総合計を販売価格に当てはめて考えればOKです。

 

価格設定がしやすいように計算機を作りましたので、各商品の適正価格の計算が終わったら入力してみてください。


<ネコポス計算機>

サービス名単価数量金額
らくらくメルカリ便ネコポス 195円

<宅急便料金>

サービス名金額
らくらくメルカリ便

<利益金計算機>半角数字で入力してください。

総販売価格販売手数料配送料合計利益金



販売価格の設定が終わったら、まとめ売りのツボとなる部分は完了です。お疲れ様でした。

 

そして、ここからは仕上げのまとめ売りのコツを解説します。

これは、ツボの説明よりも短いので安心してください。

 

 

コツを覚えてまとめ売りを成功させる

 

売り手に対してお買い得な価格となり、自分の利益にも納得できたら、あとは売るのみです。

良い販売価格になっても、魅力のあるセット内容にしなければ売ることはできません。

 

では、成功させるための、最後のコツを見ていきましょう。

数字は16点前後のまとめ売りの場合です。

  • 商品画像にすべての表紙を写す
  • タイトルの最初に「特価」などの文言を書く
  • 価値のほぼ無い商品は4点以内にする
  • 需要の高い商品を4点以上にする
  • 説明に1点ずつすべての商品名を記載する
  • 商品状態を素直に記載する

この6つがまとめ売りのコツです。


もう少し詳しく説明すると、

  • 商品の表紙を写すのと、背表紙を撮るだけでは印象が全然違います。写真に綺麗に並べるために偶数での出品がおすすめです。

  • タイトルの頭に特価など、お得感の強い煽りを入れて興味を引きます。値段設定がしっかり出来ていれば、自信を持って宣伝できますね。

  • ゲームやDVDなら、500円に満たない価格でも動きの悪い商品のことです。多すぎると流石に敬遠されます。

  • 今回挙げたゲームソフトの例ならば、800円~1,000円強の価値のある商品が4点あれば十分です。

  • すべての商品名を載せるのには2つの意味があります。一つは検索でヒットさせるため、もう一つは手抜き感を出さないためです。

  • まとめ売りであれば、何点か状態の悪い物が混ざることもあります。特筆すべき点は個別で記載することによって、他の商品に安心感がでます。

以上、まとめ売りのコツでした。

 

予定よりも大分長くなってしましましたが、このコツとツボを押さえて出品することが出来れば、それがまとめ売りの極意です。

ここまでやれば、もう売れたも同然ですね。

これで発送の手間と対応に費やす時間を減らすことができますし、バラ売りよりも高い利益を得ることができます。

 

それでも売れない時は、ラインナップのバランスをもう一度買い手側の視点で考えてみる必要があるかもしれません。

ただ、メルカリにおいての基本は値下げではなく再出品ですので、安易に値段を下げるくらいなら、再出品してみることをおすすめします。

 

それでは、最後までお読み頂きまして有難うございました。

売り方のコツなどは、まだまだありますので、是非またお会いしましょう。