メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


メルカリアッテの検索機能が強化。SNSでシェアも可能に。【Ver.1.3アップデード】

男性

 

メルカリアッテが5月10日にVer.1.3アップデードを実施した。

 

メルカリアッテは、フリマアプリ『メルカリ』と違い、「サービス」で家庭教師の生徒を募ったり、「仲間・募集」で趣味サークルの募集ができるなど、地域コミュティの裾野を広げる役割を狙ったアプリだ。

 

0円(無料)での商品のやり取りが可能な点もメルカリとの違いだが、商品の受け渡しについても、ユーザー同士が直接会って”手渡し”する点が最大の違いとなっている。

 

メルカリとは姉妹関係のようなアプリだが、メルカリアッテには機能が少なく、使い勝手については、まだ差のある状態が続いていた。

 

早速だが、今回のアップデートでどのような機能が拡張されたのか見ていきたいと思う。

 

 

募集の検索が可能に

今回追加された機能は2つあり、ひとつがこの「募集の検索機能」である。

 

これまでできなかった募集の検索機能が追加された形だが、細かいカテゴリーから探せるようになったというもので、キーワード検索が出来るようになったわけではない。

 

ただし、これまでよりも細かく絞込ができるようになったことで、大幅に探しやすくはなっている。

 

例えば、「あげます・売ります」カテゴリーでは、「家電・電化製品」や「中古車」などの11項目に分類されており、関心の少ないカテゴリーの商品を閲覧しなくて済むようになったことは、大きな違いだろう。

 

その他、「求人」や「賃貸・ルームシェア」などのカテゴリーもすべてが細分化された。運営側がユーザーの反応を見ながら、良い意味での思わぬ使われ方や、アプリの持つ可能性を潰さないよう、慎重にカテゴライズしていっているように感じる。

 

 

SNSを利用したシェアが可能に

もうひとつ拡張されたのが「SNSのシェア機能」だ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

 

この3つのSNSでのシェアが可能となり、気になった商品やサービスなどの投稿をSNSでシェアすることができるようになった。

 

これにより、安い商品や面白いサービス、コミュティなど、注目度の高いものがSNSで拡散されることになり、場合によっては爆発的にシェアされるものも出てくるだろう。

 

投稿者としては思わぬ数の反応を受ける可能性が出てくるので、少し怖さがある気もするが、それ以上にSNSを介した口コミでアプリ自体が話題になれば、ユーザー数が増えるという狙いもあるだろう。

 

しかし、このSNS機能の拡張には、もうひとつの利点がある。それはユーザーの目により監視の強化が期待できる点だ。メルカリアッテに限らず、コミュニティ系のアプリでは、出合い系などの”犯罪の温床”となるような使われ方をされてしまうリスクがつきまとう。

 

それが今回のSNS機能があれば、”不審な投稿”はまず間違いなく拡散されることになるだろう。”泥棒にあったら大声を出せ”と同じように、悪いことをこっそりやろうと思っている人間なら、あっという間に悪事を拡散されてしまう事態は望まないはずだ。

 

もちろん”異性との出会いを求める投稿”は、利用規約で禁止されている行為ではあるが、運営会社による監視だけよりも、一般ユーザーが監視してくれるようになれば、これほど頼もしいことはないだろう。まさに近所付き合いが犯罪を防ぐをアプリ上で実現することになるのかもしれない。

 

 

以上が今回のアップデートで追加された2つの機能である。

 

まだまだ未知の可能性を秘めたアプリ『メルカリ アッテ』。このコンテンツが成熟できるかどうかの鍵は、もしかするとユーザーが握っているのかもしれない。

 

 

▼メルカリ最新情報一覧

メルカリNEWS カテゴリーの記事一覧