読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


えっ!!補償のない配送方法なんてあるの?定形外、クリックポストの配送リスクを考える

メルカリガイド

ポスト

 

『商品がまだ届きません。』

 

間違いなく送ったはずの商品が届いていない…

 

メルカリを利用していて怖いのが、詐欺まがいのことをしてくるユーザーと、この配送トラブルです。

 

このブログでも何度かご紹介してきた、配送事故の補償についてのこと。

 

上の記事で、補償とは保証ではなく、損害賠償を指すものだという説明をしました。

 

内容は、らくらくメルカリ便の補償とヤマト運輸の規約について触れた配送トラブル時の補償の手引きのような記事です。

 

 

メルカリで配送事故での補償がほしい理由

このブログはお陰さまで、毎日多くの方にご覧いただいているのですが、らくらくメルカリ便以外の配送方法については、あまり詳しく書いていません。

 

その理由は、私自身が補償のない配送サービスを好んで利用しないからです。

 

メルカリでは基本的には「売る」のはもちろん、「買う」のも、配送方法がらくらくメルカリ便の商品を選ぶようにしています。

 

配送トラブルは防ぎようがない

以前に書いたネコポスでの配送トラブルの記事には、今でも同じ経験をした方からのコメントがありますし、ネット上には他の配送方法でもトラブルの相談投稿が数多く寄せられています。

 

気軽に不要品を処分しようと始めたメルカリだったのに、配送トラブルで面倒な思いをした

 

お得に欲しいものが買えたと思ったのに、配送時に紛失されて届いてないのに受取評価をするはめになった

 

配送トラブルが起こってしまったら、破損や紛失(不着)時の補償のない配送方法で取引していた場合、出品者か購入者のどちらかが損失を被るしかありません。

 

出品者からすれば『配送方法に納得の上で購入したんだから、そっちが被れ』

購入者からすれば『届いてもいない商品にお金など払いたくない』

 

となります。どちらの気持ちもわかりますが、こうなってしまってはもうドロ沼です。

 

フリマアプリにおける購入者の「配送リテラシー」

例えばヤフオクであれば、配送方法については料金メリットや補償なしのリスクを購入者が承知していることが多いでしょう。しかし、メルカリをはじめとしたフリマアプリ利用者の「配送方法への理解度」は、まだあまり高くはありません。

 

加えてメルカリでは受取評価をしなければ、出品者に売上金が反映されない仕組みなので、商品説明に『配送トラブルの際は、こちらでは一切責任を負えません』などを記載していたとしても、受取評価をしてもらえずに事態がドロ沼化していくことも多いようです。

 

 

追跡サービスなしの定形外でのトラブル

定形外とは、郵便局の「定形外郵便物」を指します。「定形内郵便物」でも同じですが、メルカリでの利用頻度は定形外が多いかなと思います。

 

追跡サービスがないと商品が紛失された場合、双方が相手に対する疑心を持つことになります。

 

お互いに相手を疑い合う事態

らくらくメルカリ便以外の配送トラブルは、本来は購入者が配送業者に連絡を入れて確認した方が早いです。ですが、追跡サービスすらない配送だった場合、届いていない購入者は『本当に発送したのか?』と、出品者を疑い始めます。

 

追跡サービスがなければ発送したかどうかの確証はありませんから、それも仕方のないことかなと思いますが、逆もまた然りで、発送した出品者からすると『本当に届いてないのか?』と購入者を疑い始めます。

 

こうなってしまうと、もう埒が明きません。事態を解決させるのは困難でしょう。

 

郵便物で追跡サービスを利用する

郵便物にも追跡サービスを付加することは可能です。+160円で「特定記録」にすれば配送状況をネット上で確認できますし、「簡易書留」ならば5万円までの賠償もついて+310円で利用できます。

料金計算(手紙) - 日本郵便

 

しかし、これでは料金メリットがあまりないので、チケットなどの高額で薄くて軽い商品以外では使う機会は少ないでしょう。

 

 

補償がないクリックポスト

洋服や化粧品など、厚さが2.5cmを超えてしまってネコポスを利用できない商品については、料金面で魅力的なのがクリックポストです。

 

荷物

  • 1kgまでの荷物を送ることができます。
  • 長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下
  • 損害賠償は行いません。

参照:日本郵政HP 「クリックポスト」より引用

https://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/

 

クリックポストは全国一律164円で利用できます。追跡サービスもついているので、多くの出品者が利用しているサービスです。

 

利用には「Yahoo!Japan ID」と「Yahoo!ウォレット」の利用登録、「日本郵政クリックポスト」への会員登録が必要ですが、パソコンとプリンターがあれば自宅で発送準備が完了できるので便利です。

 

らくらくメルカリ便と比べた料金メリット

メルカリでのネコポス利用は195円なので31円しか変わりませんが、宅急便コンパクトと比べるとかなり安いです。

 

メルカリでの宅急便コンパクトの配送料は380円で専用BOXが65円です。らくらくメルカリ便では、厚みが2.5cmを超えてしまうと宅急便コンパクトを使うしか無いので、安価な商品を送るのには料金が高すぎます

 

宅急便コンパクトのサイズになってしまう商品で、クリックポストのサイズ(厚み)に収まる商品なら、壊れないような商品であれば有用な配送方法といえます。

 

補償(損害賠償)はないので注意

○荷物の破損や紛失について(クリックポストの補償について)
1 荷物が汚破損等していた場合はどうすればよいですか。
  お近くの郵便局にお問い合わせください。

2 荷物が汚破損等していた場合、損害賠償の対象となりますか。
  荷物の内容品についての損害賠償は行いません。
  ※クリックポストを亡失または毀損した場合であって、郵便局が
   責任を負うべき事由があるときは、その運賃相当額を返還します。

 

 参照:日本郵政HP クリックポスト 「よくあるご質問・お問い合わせ」より引用

https://click-post.secure.force.com/CYM_Faq#6001

 

こちらもやはり補償はありません。亡失した場合でも運賃相当額の返還だけとあります。

 

料金メリットが大きいので、商品によってはこれがベストな場合もありますが、私はやはり利用したくないので、まとめ売りにして配送サイズを変えて、宅急便にしたりします。

 

 

まとめ

私がなぜそこまで補償のない配送を嫌がるかというと、万が一配送事故が起きた時にどちらにも責任がないユーザー同士でいがみ合うのが嫌だからです。

 

以前の記事で書いたように、配送トラブルがあると解決するのは大変ですが、補償さえあれば金銭面の痛みはありません。

 

それであれば、購入者もそこまで憤慨することもありませんし、出品者も残念ではありますが、ある程度納得のいく幕引きをすることができます。

 

※ネコポスでのトラブル記事はこちら。補償があってもトラブルは大変です。

やはり、替えの効かない品物については、補償のない配送方法を選ぶべきではないというのが、今のところの個人的な考えです。

 

 

以上、補償のない定形外(郵便物)とクリックポストの配送リスクを考えるでした。

 

 

《オススメ記事》