読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


配送方法は守ってますか?らくらくメルカリ便から配送方法を変更する際のマナー

女性

 

メルカリでは配送方法を決めてから出品しますが、送料込みで設定した場合、以下の中から選べるようになっています。

 

  • 未定
  • らくらくメルカリ便
  • ゆうメール
  • ポスパケット
  • レターパック
  • 普通郵便(定形、定形外)
  • クロネコヤマト
  • ゆうパック
  • クリックポスト
  • はこBOON

 

その数じつに10項目です。未定も含めて多くの配送方法を選ぶことができます。

 

配送料金をはじめ、それぞれに違いがあるサービスであるわけですが、買い手にとってメリットの差が大きいのは、配送事故による破損・紛失時の補償到着までの日数配送追跡サービス、そして匿名配送です。

 

これらがすべて揃っている配送方法が「らくらくメルカリ便」なので、配送方法を後から別のサービスに変更した場合、購入者から反感を買うことがあります。

 

 

反感を買う理由

例えばネコポスから日本郵政の普通郵便に変更したいという場合など、ほとんどの場合は『配送料金が安くなるから』という理由で変更をする方が多いです。

 

安価な商品で、思っていたよりも大きなサイズになってしまって配送料金が高額になってしまうからなど、分からないでもない理由のときもありますが、購入した金額は変わらないのに配送方法がダウングレードされることになれば、当然ですが嫌がる購入者もいます。

 

特に補償や匿名配送はメルカリのアプリ内などでも、メリットとして紹介されている部分であり、らくらくメルカリ便ありきで購入する人もいます。

 

あくまでマナーなので禁止行為ではありませんし、こだわらない人もいるので一概には言えませんが、商品説明に何の記載もしていないのに、当たり前のように変更すると思わぬ反感を買うことになるかもしれません。

 

 

配送方法の変更をしても住所は表示されない

メルカリでは購入前に配送方法がらくらくメルカリ便になっていた場合、購入されてそのまま発送すれば「匿名配送」になります。

 

そのシステム上、購入後に取引画面から”らくらくメルカリ便以外の配送方法”に変更した場合も、相手先の住所は表示されません

 

ですので、相手に直接メッセージで個人情報を聞くことになります。匿名配送だと思っていたところに突然『配送方法を変更したので住所を教えて下さい』などのメッセージを送ると、相手によっては抵抗感を与えることになります。

 

少なくとも事情を説明し、合意を得る形の質問形式でメッセージを送るのがベターです。

 

商品の補償や配送会社の好き嫌い、匿名配送への価値観などは人それぞれです。

 

いくら禁止されていない行為だとしても、相手への配慮を忘れずに提案するのがマナーですし、なるべく変更するような事態にしないことがベストです。

 

悪意なく変更する人もいるだけに、お互いに気持ちよく取引するためのマナーとして覚えておくことをおすすめします。 

 

 

《オススメ記事》