読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


「メルカリでブランド品を売るのは危険?」←偽物の可能性があるなら絶対に危険です

メルカリガイド

バツをする男性

 

メルカリでブランド品の売買をしたことはありますか?

 

ブランド品は高単価で人気の高い商品なだけに、メルカリだけではなく各フリマアプリが力を入れているジャンルです。

 

メルカリ事務局も安心して売買ができるように、偽ブランド品への取締りを強化するなどの対策を取っていますが、残念ながら偽物も出品されています。

 

しかし、この問題はメルカリというよりも法律の問題になってきますので、フリマアプリでブランド品を売ったり買ったりするのであれば必ず知っておくべきポイントをご紹介します。

 

実際に私がメルカリで経験した偽ブランド品の話もありますので、参考にして頂ければ幸いです。自分には関係ないと思っていると、犯罪に巻き込まれる可能性もあるかなり怖いお話です。

 

 

メルカリでブランド品を売るのは危険?

販売しようとしているブランド品が、正規品だという確証がないのであれば間違いなく危険です。

 

不要なブランド品といえば自分で買った物の他に、プレゼントなどの頂き物の場合もあると思います。ブランドの直営店で自分で購入したものであれば間違いなく本物ですが、人からの頂き物の場合は特に注意が必要です。

 

ブランド品には昔から取締りとイタチごっこを繰り広げている「スーパーコピー」と呼ばれる物があります。聞いたことのある方も多いと思いますが、このスーパーコピーは人気ブランドの商品に似せて作られた精巧なコピー品(偽物)です。

 

高級腕時計などの存在が有名ですが、女性に人気のバッグや財布でももちろん存在しています。例えば知り合いにプレゼントで貰ったブランド品のバッグを、不要だからと販売してみたら偽物だったという場合はどうなるのでしょうか?

 

メルカリ事務局に通報されれば間違いなくペナルティを食らうことになると思いますが、取引相手が弁護士や警察、消費者センターなどに相談した場合、その程度では済まされない可能性が出てきます。

 

 

コピー品と商標法違反

ここからは犯罪の話です。まずはメルカリのガイドからの引用をご覧ください。

 

・偽ブランド品、レプリカ商品、非ライセンス商品、本物・正規品と確証のないブランド商品(ノーブランドとしての出品もご遠慮ください)、違法コピー品等
※模倣品・海賊版の販売は商標、意匠、著作権などの知的財産権侵害となり、刑事罰(10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金等)の対象となります。
※本物と確証のない商品は削除の対象となることがあります。入手経路や正規品を証明する記載・掲載をお願いします。正規品か不確かな場合は出品を控えてください。

参照:https://guide.mercariapp.com/jp/contents/2

※メルカリ「ガイド」>「ルールとマナー」>「禁止されている出品物」より引用

 

ここに記載されている刑事罰というのは「商標法違反」などのことです。知的財産権侵害は”故意”がなかった場合は無実となるそうですが、買った側からすれば相手が故意だったかどうかを知るすべはありません。

 

被害届を出されれば捜査されることになるでしょうし、結果として無実になったとしても民事訴訟を起こされる可能性もあります。本物だと思っていたブランド品を売っただけでそんなことになるなんて、考えただけでも怖い話ですね。

 

ガイドにある通り、正規品と確証のないブランド商品は出品しない方が身のためです。

 

 

正規品と確証のないブランド品はどうすべきか

プレゼントなどで正規品かどうか分からないブランド品を出品する危険性はお分かり頂けたと思います。「ではどうするべきか?」の結論の前に私自身のメルカリでの体験談をご紹介します。

 

管理人の体験談

私自身も先日メルカリで未使用のブランド品が安く出品されているのを見つけて、つい財布を購入してしまいました。そして商品が届いて数日使用してみたところ、なんと広範囲で皮がボロボロに禿げてしまったのです。

 

有名なブランドの財布なので本物ならばそんなことはあり得ないはずです。鑑定してもらった訳ではありませんが、間違いなく偽物だと思います。

 

この件も、恐らく出品者の方には悪気はないように思います。プロフィールや他の出品を見てみると、自分や子どもの洋服や小物を安値で販売されている普通の主婦の方のようでした。

 

私はこの件をどうこうするつもりはないので何のアクションも起こしていませんが、仮に鑑定して被害届を出したりしたら、家庭崩壊にも繋がり兼ねない事態になってしまったかもしれません…。

 

 

それでも売りたいなら

それでも本物であれば結構なお金になるのがブランド品です。ですが本物だという確証がないならフリマアプリを使うのは危険です。

 

そんな時はやはり専門業者を利用するのがいいと思います。近所に専門店があるならそこでもいいですし、ネットで気軽に済ませたいのであれば信頼性の高い業者がおすすめです。

 

メジャーなサービスではテレビCMでも宣伝していた「ブランディア」が有名です。ここの親会社である株式会社デファクトスタンダードは、8月31日にマザーズに上場しています。

 

サービスを調べてみたところ、買取を申し込むと梱包材と着払い伝票がセットになった宅配キットをすぐに送ってくれる上に、売却をキャンセルした場合でも無料で返送してくれるようです。業界ナンバーワンの実績は伊達ではないようですね。

 

【ブランド買取専門 ブランディア】

 

ちなみに専門店では偽物であっても買取不可と言われるだけで、「偽物です」とは言わないのが暗黙の了解だそうです。ただ、買取不可=偽物という訳ではありませんので、早とちりにはご注意ください。

 

 

最後に

今回はブランド品についての注意喚起のお話でしたが、メルカリには偽ブランド品ほどではないですが、他にも気をつけないといけない「禁止されている出品物」があります。

 

以前書いた記事には本物のブランド品を販売したのにとんでもない目に会ったという話もありますので、より注意したい方はそちらの記事もお読み頂ければと思います。

 

【知らないと怖い】私が「美品出品」でもフリマやオークションで買わない3つの商品

【出品禁止】法律違反も!メルカリに出品してはいけない10の商品

 

以上、偽物かどうか分からないブランド品をメルカリで出品する危険性についてのお話でした。

 

 

《オススメ記事》

 

PICK UP!【分割払い可】メルカリで使える年会費無料のクレジットカード特集