メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


メルカリカウルってどんなアプリ?メルカリとの連携機能や特徴をわかりやすく解説

メルカリカウルってどんなアプリ?

 

2017年5月にフリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリとして「メルカリカウル」がリリースされました。

 

メルカリの姉妹アプリとしては、すでに直接取引・手数料0円が売りの「メルカリアッテ」がありますが、こちらのメルカリカウルは、よりメルカリとの連携要素が強いアプリです。

 

さっそくですが、ユーザー評価も良好なメルカリカウルがどんなアプリなのかを見ていきましょう。

 

 

メルカリカウルとは?

メルカリカウルを一言で説明すると、メルカリの一部のカテゴリー商品をより探しやすく、売りやすくしたアプリです。

 

メルカリの姉妹アプリというより連携アプリといった要素が強く、基本的にメルカリと同アカウントで利用します

 

連携機能としては、購入後はメルカリの取引画面が開いたり、メルカリの売上金やポイントが使えるなどがあり、取引評価も共通です。

 

また、メルカリカウルに出品するとメルカリにも同時出品されるので、メルカリだけで出品するよりも売れやすくなるのがメリットのひとつです。

 

 

漫画やCDなどの売買に特化したアプリ

メルカリカウルに出品できるのは現在4つのカテゴリー商品だけです。そのカテゴリーとは

 

  • コミック
  • DVD/Blu-ray
  • CD

 

の4つで、同じ商品は出品者別(価格順)で表示されるので、最安値の商品が探しやすいのが特徴です。

 

また、出品者が負担する販売手数料はメルカリと同じ10%です。

 

 

ランキングで人気の商品が売れやすい

メルカリカウルでは、商品を「ランキング」「激安」という項目から見ることができます。

 

とくにランキング形式の上位商品は人気が高く、買いたい人に対して出品が足りない商品も多いため、人気商品ならメルカリだけに出品するよりも圧倒的に売れやすくなります

 

この2つの項目は、フリマアプリというよりもショッピングサイトのような作りになっているので、ついつい欲しくなってしまいます。

 

  • ランキング=人気商品
  • 激安=セール品

 

のような感覚で見られるように工夫されているんですね。

 

激安にはどのカテゴリーにも300円商品がずらっと並んでいるので、ワゴンセールのような感覚でショッピングを楽しめます。

 

 

バーコード読込でらくらく出品

メルカリカウルは、商品のバーコードをスマホのカメラで読み込んで出品することができます。

 

すべての商品のデータがあるわけではありませんが、該当データがある場合には

 

  • 商品タイトル
  • 商品サンプル画像
  • 売れやすい価格

 

の3つが自動で入力されるので、出品がかなり楽です。

 

もちろん価格は変更することができますし、商品画像も3枚まで追加することができます。

 

また、商品の該当データが無い場合には、タイトルから探して出品します。

 

 

出品は送料込みでメルカリ便も使える

メルカリカウルでの出品はすべて「送料込み(出品者負担)」で「着払い」は選択できません。

 

発送方法は

  • 未定
  • らくらくメルカリ便
  • ゆうゆうメルカリ便
  • ゆうメール
  • レターパック
  • 普通郵便(定形、定形外)
  • クロネコヤマト
  • ゆうパック
  • クリックポスト
  • ゆうパケット

から選択できます。

 

メルカリカウルに出品できる商品はA4サイズで送れる物がほとんどなので、匿名で売買したい人なら、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットと、らくらくメルカリ便のネコポスが便利です。

 

※メルカリ便について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便はどっちが便利?配送料金や発送場所の違いなどを比較

 

 

出品時の注意点

メルカリカウルは該当データがあった場合、手元の商品画像なしで投稿できます。

 

これは便利なのですが、サンプル画像だけで出品すると、商品の状態(目立った傷や汚れなしなど)で購入者とイメージのズレが起きやすいです。

 

とくに同時出品されるメルカリにおいては、手元の商品画像を複数載せるのが一般的なので、メルカリからの購入の可能性を考えると、手元の商品画像も載せたほうが無難です。

 

メルカリに比べるとメルカリカウルの利用者はまだまだ少ないので、サンプル画像を実物だと勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

 

こういったイメージのズレから悪い評価を受けないようにするのが、メルカリカウルでの最大の注意点です。

 

 

メルカリカウルの今後の展望

メルカリ公式メディア「mercan(メルカン)」によると、メルカリカウルでは将来的には新刊販売の導入を予定しているそうです。

 

単なるフリマアプリの枠を超えて、ECアプリとしてメルカリの売上金で新品の商品が購入できるようになれば、ますますショッピングの幅が広がりますね。

 

今後の展開も楽しみにしたいと思います。

 

 

▼本やDVD、CDをより楽しく探せるアプリ「メルカリカウル」 

メルカリ カウル - 本・CD・DVD専用フリマアプリ
メルカリ カウル - 本・CD・DVD専用フリマアプリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

《オススメ記事》