読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


【整理術】メルカリ出品が断捨離にオススメな3つの理由

断捨離される男性

 

こんにちは!

メルカリで、現在15点の物を断捨離しました。管理人のTakAです。

 

 

早速ですが、始めに「断捨離」の意味を見てみましょう。

断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。提唱者であるやましたひでこによる造語である。

  • 断=入ってくる要らない物を断つ
  • 捨=家にずっとある要らない物を捨てる
  • 離=物への執着から離れる

出典 ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E6%8D%A8%E9%9B%A2

 

 

要するに、

『身の回りに不要な物があっても気が散るだけだから、手放して悩み減らそうぜ』

ということですね。たぶん。

 

この記事では、断捨離の〈断〉〈捨〉〈離〉になぞらえて、3つのおすすめ理由を紹介していきます。

 

 

〈断〉= 無駄遣いを減らす

 

 メルカリで不要な物を出品していると、過去の自分がなぜその商品を購入したのかが分かってきます。

 

  • 欲しかったけど、予想と違っていたもの
  • 興味本位で買ったけど、使わなかったもの
  • 安かったから、買ってしまったもの

 

私の場合は、このいずれかの理由で無駄遣いをしていました。 

 どれも無駄遣いには違いありませんが、この中で一番問題なのは「安かったから、買ってしまったもの」です。

 

どこが問題なのかというと、安いという理由が一番の購入動機になっている点です。

大抵の場合、最初に『安いからお得だ!』という理由があって、『持っていれば使うだろうし』とか、『半額だから買わないと損』などの理由を後付で連想して購入を決めます。

 

例えば、明確に欲しい物がある訳でもないのに、SALE期間中だからという理由でショッピングモールなどに行くのは、無駄遣いしたいから出向いている、ということになります。

 

つい先日、買い物好きの姉と、姪っ子を連れて一緒に買物に行った時の話ですが、セールで安くなっていたバッグを手にとって姉がこう言います。

『わーこのバッグ安い!30%オフだってー!』

私はこう答えます。

『おー安いね!でも買わなければ100%オフだよ?』

 

安いからという理由が1番にきていたら、無駄遣いのシグナルです。

出品するために不要品を分別していると、自分の無駄遣いの傾向が見えてきます。

 

 

〈捨〉= とりあえずしまう癖をやめる

 

 メルカリで販売をしていると、自分にとっては不要でも、意外な値の付く物を発見したりします。

 

そうすると、『使わないから』と、しまい込んでいた荷物を引っ張りだして、お宝探しするのも楽しいんですね。

 

その時にゴミ袋とスマホを持って、出てきたものをアプリで調べながら、売れもしない物はどんどん捨ててしまいましょう

 

次回からは、しまい込む前にこの方法を使えば、余計なものを家の中に放置せずに片付けることができます。

特に家電製品などは、使っていないと1年、2年で壊れることもあるので、早めに手放すことをおすすめします。

 

 

〈離〉= 思い入れの強い物は段階を踏んで手放す

 

断捨離を進める中で、判断が難しいのが趣味関連の物です。

 

好きな芸能人のグッズ、昔気に入っていた洋服、始めようと思って買った楽器など、手に入れた時の満足感が高かった物ほど、不要になってからも手放しにくくなります。

 

そんな時は、自分が納得できる値段でフリマに出品してみましょう。

 

相場など関係なく、自分が譲っても良い価格で出品します。

そうすることによって、価格はどうあれ、一度は手放してもいいと決断した事実が自己認識されます。

 

趣味関連の物であれば、高くとも購入してくれる人がいるかもしれませんし、出品してみたことで踏ん切りがつき、相場の値段で手放す決意ができたら、値段を下げればいいのです。

 

また、商品コメントのやり取りで、『この人になら値引きして売ってもいいな』という人に出会えたら売るでも構いません。

執着の強い物は、段階を踏み、できれば同じように思い入れを持ってくれそうな人に譲るのが、一番後悔なく手放せる方法です。

 

 

以上、断捨離になぞらえた、フリマアプリを利用した整理術でした。

 

私もメルカリを利用して大分片付けが進みましたが、まだ細かい物も残っているので、地道に販売していこうと思います。

 この記事を読んでくださった方と、一緒に断捨離していけたら嬉しいです。

 

まだ利用したことのない方は、まずはアプリをダウンロードして下さいね。

 

アプリひとつ増えますけど。

 

それでは、またお会いしましょう♪