読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


大型らくらくメルカリ便の配送料金と知っておくべき”基礎知識のツボ”

大型らくらくメルカリ便基礎知識のツボ

 

2017年4月17日からスタートした「大型らくらくメルカリ便」

 

その名の通り大型商品の配送に特化したサービスで、梱包・搬出・配送・搬入・開梱設置・資材回収までをプロにおまかせできます。

 

通常のらくらくメルカリ便の最大サイズは160ですが、大型らくらくメルカリ便では200~450までのサイズに対応し、配送日の調整もアプリ内でできる便利なサービスです。

 

らくらくメルカリ便と違い匿名配送ではありませんが、今まで配送の手配が面倒だった大型の家具や家電などをメルカリで売買しやすくなりました。

 

その一方で、大型らくらくメルカリ便には出品者も購入者も損をしないために知っておくべき最低限の基礎知識があります。

 

さっそくですが、配送料金の仕組みを始めとした”基礎知識のツボ”を紹介していきたいと思います。

 

 

 

1.送料込みでも出品者負担がある!?《大型らくらくメルカリ便の送料の仕組み》

まず説明しなければならないのが、大型らくらくメルカリ便の送料は全国一律ではないということです。

 

メルカリアプリ内の説明に”送料は全国一律”という一文があるので誤解しやすいのですが”出品は全国送料一律”という記載もあります。

 

これはつまり出品者負担の送料は一律という意味で、出品者と登録住所が遠いユーザーが商品ページを閲覧した場合には、下の画像のように追加送料が表示されます。

 

▼登録住所によって自動的に表示される(丸枠の部分)

大型らくらくメルカリ便の追加送料の表示

 

大型らくらくメルカリ便は「送料込み(出品者負担)」での出品にはなりますが、追加送料が掛かる場合は購入者が追加送料を加算した代金を支払う仕組みです。

 

わかりやすく表示されるので知っていればなんてことはありませんが、ここが最初に押さえておくべきポイントです。

 

ちなみに他県だと必ず追加送料が掛かるということではなく、例えば私の住む茨城県から同じ関東エリアの東京都 (配送不可地域を除く)の配送には追加送料は掛かりません。

 

 

2.購入者負担は変動制!《大型らくらくメルカリ便の配送料金》

大型らくらくメルカリ便の基本的な送料の仕組みを踏まえた上で

  • 一律の出品者負担の送料
  • 配送距離により発生する購入者負担の追加送料

を別々の表で確認してみましょう。

 

 《出品者負担の送料》

サイズ 配送料
200サイズ 4,320円
250サイズ 7,398円
300サイズ 10,746円
350サイズ 16,254円
400サイズ 22,950円
450サイズ 29,646円

※出品者負担の送料は一律

 

 《購入者負担の追加送料》

サイズ 配送料
200サイズ 0~8,208円
250サイズ 0~16,956円
300サイズ 0~27,216円
350サイズ 0~43,092円
400サイズ 0~57,456円
450サイズ 0~74,520円

※出品者負担の送料は発送元と配送先の距離により異なる

 

この2つの表が大型らくらくメルカリ便の送料(税込)になります。

 

住所の近い出品者から購入すれば購入者が負担する追加送料は0円なので、商品ページを開いても追加送料は表示されません。

 

ちなみに、取引開始後(購入後)に他の配送方法から大型らくらくメルカリ便に変更することはできません

 

 

3.取扱いサイズとセット商品に注意!《配送サイズの測り方》 

配送サイズは、幅・高さ・奥行の3辺の合計で決まり、商品に凹凸の部分がある場合は、最も長い箇所を計測します。

 

▼椅子の場合

出典:大型家具・家電配送(らくらく家財宅急便)(ご注意事項)|ヤマトホームコンビニエンス

 

この椅子が幅50cm・高さ80cm・奥行60cmだった場合、3辺の合計は190cmなので200サイズとなります。

 

実際には配送ドライバーさんが計測したものがサイズ査定として適用されるため、実寸と差異がでないように事前の計測は慎重に行いましょう。

 

 

《取扱い可能なサイズの条件》

大型らくらくメルカリ便が利用できるサイズには3つの条件があります。

  • 3辺合計が450cm以下であること
  • 最長辺が250cm以下であること
  • 天地が定められたものは高さが200cm以下であること

この3つのサイズ条件と実重量が150㎏以下であることが取扱い可能基準となっています。

 

 

《セット商品の思い込みに注意!》

例えば前述の椅子がダイニングセットの一部で、テーブルと椅子4脚のセット商品だったとします。

 

その場合はテーブルと椅子4脚で合計5つ分の送料が掛かることになるので、出品の際にはセットではなく個別に出品する必要があります。

  

 

4.商品サイズを間違えると赤字の危機!《計測サイズが違った時の送料負担》

メルカリのガイドには、販売時に設定したサイズよりも実際のサイズが大きかった場合には出品者の販売利益から調整を行います”とあります。

 

つまりは販売利益から差し引かれてしまうということです。

 

例えば350サイズで指定して出品した商品が、実寸では400サイズだった場合の差額は6,696円です。追加送料が発生していた場合の差額は最大で21,060円という金額になります。

 

自身での計測は正確に行わないと利益を得るどころか赤字になり兼ねないので要注意です。

 

逆に設定よりもサイズが小さかった場合には、”取引完了時に出品者・購入者の売上にお戻ししますと記載されています。

 

参照:メルカリ公式HP>ガイドより

https://guide.mercariapp.com/jp/shipping/ogata.html

 

 

5.ベッド・洗濯機は要確認!《分解/組立・取外/取付などのオプションについて》

大型らくらくメルカリ便はには、様々なケースに対応するためのオプションが数多く用意されています。

 

頼むつもりであれば大変便利なオプションですが、開梱設置と聞くと、人によってはベッドの組み立てや洗濯機の取り付けが料金に含まれていると勘違いする購入者もいるでしょう。

 

通販サイトの商品レビューでよく見受けられるように、配送への不満から悪い評価をする購入者はいます。

 

出品側が自分に否のない悪い評価をつけられないためにも、オプションを利用する可能性の高い商品に関しては

「ベッドの組み立てには別途3,240円のオプション料金が掛かります。」

などの一文を商品説明に記載しておくのがベターでしょう。

 

ちなみにオプション料金の支払いは、現地で現金払いとなります。

  

その他にも、家具移動や吊り上げ・吊り下げや、同じ洗濯機でもドラム式は料金が高かったりと、ここでは紹介しきれない種類のオプションがあります。

 

詳しくは、メルカリアプリ内

「ガイド」

「大型らくらくメルカリ便について」

>「注意事項」

>「オプション一覧」

から、一度確認してみることをおすすめします。

 

▼Web版メルカリのガイドからも確認できます。

https://guide.mercariapp.com/jp/shipping/ogata/caution.html

 

 

6. ガラステーブルやピアノは配送NG!《大型らくらくメルカリ便で運べないもの》

大型らくらくメルカリ便には、サイズ条件を満たしていても配送を受け付けてもらえない商品があります。

 

それは以下の13項目に該当する商品です。

  1. 1:易損品
  2. 2:精密品
  3. 3:高価品(商品の価格が50万円を超えるもの)
  4. 4:貴重品、美術品、骨董品、代替不可品
  5. 5:楽器
  6. 6:バッテリー、もしくはバッテリーが付属されるもの
  7. 7:発火のおそれがあるもの
  8. 8:犬、ネコ、小鳥等の動物及び苗木、生花等の植物類
  9. 9:液体漏れ、または衛生上において他の商品、又は人体に損害を与える恐れのあるもの
  10. 10:輸送に際し温度管理を必要とするもの
  11. 11:輸送に際し専用工具による分解組立を要するもの
  12. 12:お部屋からの搬出、またはお部屋への搬入ができない商品
  13. 13:着地面が不安定で自立できない等、混載輸送に耐えられず他商品に損害を与える恐れがあるもの
  • 専用機材、または車両、その他特別な対応を必要とするため
  • 分解が可能な商品で分解後に搬出搬入が可能な商品は別途分解組立料を申し受け、お取扱いが可能です。
  • 吊り上げ、または吊り下げにより搬出搬入が可能な商品は、別途作業料を申し受け、お取扱いが可能です。

 出典:ヤマトホームコンビニエンス公式HPより引用

大型家具・家電配送(らくらく家財宅急便)(ご注意事項)|ヤマトホームコンビニエンス

 

メルカリのガイドにも記載されていますが、これは大型らくらくメルカリ便の元になっているサービスである「らくらく家財宅急便」の注意事項にある上の文と同じものです。

 

硬い表現なのでわかりにくいですが、例えば

《易損品》

  • ガラステーブルなどのガラス製品
  • アンティーク家具など

《精密品》

  • 大型スピーカーなどのオーディオ機器
  • パチンコ・スロット台など

も含まれています。※一部の例です。

 

楽器は全般なのでわかりやすいですが、他にメルカリでたまに見かける商品だと、バッテリー付きの電動アシスト自転車電動車イスなども配送できません。

 

出品しようとしている商品が該当しそうな場合は、一度確認してみることをおすすめします。(上のリンクから一覧が確認できます。)

 

 

7. 最後に《より詳しく知りたい方へ》

大型らくらくメルカリ便は、らくらくメルカリ便で提携しているヤマト運輸と同じヤマトグループの企業である、ヤマトホームコンビニエンスとメルカリが共同で提供する配送サービスです。

 

途中でもご紹介しましたが、元となっているサービス名称は「らくらく家財宅急便」といいます。

 

最小サイズや一部の注意事項などで共通ではない部分もありますが、より詳しく知りたいのであれば、ヤマトホームコンビニエンスのHPから確認できます。

 

 

ヤマトホームコンビニエンスでは、大型らくらくメルカリ便では配送できない

  • 車・バイクの輸送
  • ピアノ・楽器の輸送
  • 業務用コピー機や金庫などの輸送

などのサービスも手掛けているので、この手の商品をメルカリで販売したいと考えている人に役立つ情報があるかもしれません。

 

以上、大型らくらくメルカリ便の配送料金と知っておくべき”基礎知識のツボ”でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

《オススメ記事》 

 

PICK UP!【招待コード】メルカリアッテDL+招待で600円分のメルカリポイントをゲットする方法