読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


安すぎ注意!らくらくメルカリ便が利用できる最低価格について

女性

 

匿名配送にトラブル時の補償、全国割引一律料金と、現時点では数あるフリマアプリの配送サービスのなかでも、抜群の利便性を誇るメルカリの「らくらくメルカリ便」

 

このブログの中でも何度も紹介してきた配送サービスですが、利用できる販売価格についてまとめていなかったので、改めて説明したいと思います。

 

 

らくらくメルカリ便が利用できる最低価格

らくらくメルカリ便は、ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便のそれぞれに利用できる商品の最低販売価格が設定されています。

 

それぞれの最低販売価格

  • ネコポス:最低価格なし
  • 宅急便コンパクト:450円以上
  • 宅急便:1,000円以上

 

ネコポスはメルカリの最低出品価格である300円から利用できます。宅急便は1,000円以上となっていますが、ひとつ注意が必要な点があります。

 

それは、実際にはネコポスで送れないサイズの商品でも、300円から出品することは出来てしまうという点です。

 

 

最低販売価格には要注意

例えばこの最低価格を知らずに、宅急便サイズでの配送を考えている商品であっても、800円で出品して、配送方法を「らくらくメルカリ便」にすること自体は可能なんです。

 

ネコポスか宅急便コンパクトか宅急便かを選択するのは発送の時です。

 

購入された後、商品を発送する時に、初めて利用できないことを知ることになります。少しわかりにくいので箇条書きにすると

 

販売価格:800円

配送方法:らくらくメルカリ便

配送サイズ:宅急便60サイズ

 

であっても出品はできてしまうということです。ですが、販売価格が1,000円未満なので宅急便は利用できません。

 

メルカリのガイドには、こういった場合はキャンセル又は変更手続きをしてくださいとありますが、出品経験なしのユーザーが購入者だったりすると、トラブルに発展することもあるかもしれません。

 

 

宅急便サイズの価格に注意する

らくらくメルカリ便の宅急便は1,000円以上の販売価格で利用できますが、販売価格から10%の手数料を引いた利益金を送料が上回ってしまうと利用できません。

 

例えば1,000円の場合の利益金は900円なので、100サイズまでは利用可能です。ですが120サイズになってしまうと配送料が上回ってしまうので利用できなくなってしまいます。

 

 《らくらくメルカリ便の配送料金》

サービス名配送料
ネコポス 195円
※宅急便コンパクト 380円
宅急便60サイズ 600円
宅急便80サイズ 700円
宅急便100サイズ 900円
宅急便120サイズ 1,000円
宅急便140サイズ 1,200円
宅急便160サイズ 1,500円

 ※宅急便コンパクトのみ65円の専用BOXが必要です。

 

宅急便サイズは事前に確認する

宅急便サイズは3辺の合計を指します。縦 ✕ 横 ✕ 高さ なのでダンボールなどの四角い荷物であれば測るものさえあれば簡単に計測できます。

 

購入されていざ発送しようとしたら、らくらくメルカリ便が利用できないといった事態は避けたいですね。

 

慣れないうちは難しい配送料ですが、慣れてしまえば簡単です。とはいえ最初のうちは最低限のミスだけしないように、最低価格だけは押さえておきましょう。

 

 

《オススメ記事》