メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便はどっちが便利?配送料金や発送場所の違いなどを比較

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便

 

2017年6月20日からメルカリと日本郵便が連携した配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」がスタートしました。

 

これにより日本郵便が提供する

  • ゆうパケット(A4サイズ)
  • ゆうパック(60~100cmサイズ)

が割安な全国一律料金で利用できるという便利な配送サービスです。

 

とくに注目なのがA4サイズ対応でらくらくメルカリ便のネコポスよりも安く使えるゆうパケットですが、それぞれが違う配送サービスと提携しているので発送場所などに細かな違いがあります。

 

そこで今回はすでに利用者の多い「らくらくメルカリ便」と、使い勝手がどう違うのかを比較してみたいと思います。

 

 

 

それぞれで利用できる配送サービス

基本的な部分ですが、この2つの配送サービスは

  • ゆうゆうメルカリ便=日本郵便
  • らくらくメルカリ便=ヤマト運輸

とメルカリが提携したサービスです。

 

ゆうゆうメルカリ便では

  • ゆうパケット(A4サイズ)
  • ゆうパック(60~100サイズ)

 

らくらくメルカリ便では

  • ネコポス(A4サイズ)
  • 宅急便コンパクト
  • 宅急便(60~160サイズ)

 

がメルカリ独自の全国一律料金で利用できます。

 

どちらも「送料込み(出品者負担)」の場合に利用可能で、配送料金はどちらも販売利益から差し引かれます。

 

 

共通の便利な付加サービス

まず配送料金が全国一律である点が共通ですが、その他にも共通の付加サービスが4つあります。

 

1.宛名書き不要

専用端末にメルカリに表示されるQRコードを読み込ませて、伝票は印刷されるので手書きや個人情報の打ち込みもなく簡単です。

 

2.確認できる配送状況

アプリ内「取引画面」に配送状況が表示されます。

 

3.匿名配送で送れる

名前や住所などの個人情報をお互いに知ることなく取引ができます。購入後の取引画面にもお互いの個人情報は表示されず、伝票にも相手の情報は記載されません。

※購入前から配送方法がどちらかのメルカリ便に設定されている必要があります。

 

4.配送トラブル時の全額補償

商品紛失や破損等の配送トラブル時に商品代金を全額補償してくれます。配送トラブルに見舞われても、配送会社ではなくメルカリの対応になるので安心です。

 

 

これらの付加サービスがある「ゆうゆうメルカリ便」「らくらくメルカリ便」を利用することで、メルカリでの売買がかなり楽になります。

 

とくに配送トラブル時が発生するとかなりの時間と労力が奪われるので、メルカリ事務局が間を取り持ってくれるという意味でも全額補償は助かりますね。

※メルカリ便での配送トラブル時には受取評価をせずに事務局に連絡しましょう。

 

 

”ゆうゆうメルカリ便”と”らくらくメルカリ便”の料金比較

次に料金比較ですが、サイズや重量に細かな違いがあるのでご注意ください。

料金はすべて税込みです。

 

 

《ゆうゆうメルカリ便の料金一覧》

サービス名 サイズ(3辺合計) 重量 配送料(全国一律)

ゆうパケット

(A4サイズ)

60cm以内・厚さ3cm以内 1㎏以内 175円
ゆうパック

60サイズ(60cm以内)

30㎏以内 600円

80サイズ(80cm以内)

700円

100サイズ(100cm以内)

900円

 

 

《らくらくメルカリ便の料金一覧》

サービス名 サイズ(3辺合計) 重量 配送料(全国一律)

ネコポス

(A4サイズ)

31.2cm以内×22.8cm以内・厚さ2.5cm以内 1㎏以内 195円

宅急便コンパクト

専用BOX3種類(別売)※1 上限なし 380円
宅急便 60サイズ(60cm以内) 2㎏以内 600円
80サイズ(80cm以内) 5㎏以内 700円
100サイズ(100cm以内) 10㎏以内 900円
120サイズ(120cm以内) 15㎏以内 1,000円
140サイズ(140cm以内) 20㎏以内 1,200円
160サイズ(160cm以内) 25㎏以内 1,500円

※1  宅急便コンパクトのみ別売りの専用BOXが必要です。

  • 宅急便コンパクト薄型専用BOX 24.8cm✕34cm ¥65
  • 宅急便コンパクト専用BOX 20cm✕25cm✕5cm ¥65
  • クイックフィットエコノ(宅急便コンパクト専用) 32.2cm✕32.2cm ¥60

参考リンク:宅配便コンパクト専用BOX | クロネコマーケット

 

ご覧の通り、らくらくメルカリ便の方が利用できるサービスの種類が豊富です。

 

ポイントとしては

  • A4サイズではゆうパケットはネコポスよりも20円安い
  • ゆうゆうメルカリ便でのゆうパックは100サイズまで

の2点です。

 

なんといってもネコポスよりも対応するサイズも厚みもやや大きいゆうパケットが175円で利用できるのが、ゆうゆうメルカリ便の料金面での利点ですね。

 

 

【便利ツール】厚さ測定定規

 

 

メルカリ便が利用できる最低出品価格

注意点としては、どちらにも商品代金(出品価格)の最低金額があり

  • ゆうゆうメルカリ便→ゆうパック=1,000円以上
  • らくらくメルカリ便→宅急便=1,000円以上、宅急便コンパクト=450円以上

となっています。ゆうパケットとネコポスはメルカリの最低出品価格である300円から利用できます。

 

メルカリ便はポスト投函と対面受け取りの2種類

また、それぞれのメルカリ便の中でもポストへの投函と、対面受け取り(手渡し)の2種類に別れます。

 

《ポストへの投函》

  • ゆうパケット
  • ネコポス

 

《対面受け取り》

  • ゆうパック
  • 宅急便
  • 宅急便コンパクト

 

ですので、購入者が配送方法を見ても判断がつかないことがあります。知らない購入者もいるため、念のためどちらかを商品説明に記載すると親切かもしれません。

 

 

2つのメルカリ便の発送場所の違い

商品を発送する時には、どちらのメルカリ便も、専用端末と呼ばれる機械にアプリ内の「取引画面」から表示される”2次元(QR)コードを読み込ませる”という操作をします。

 

操作は簡単なのですが、それぞれのメルカリ便では発送できる場所が違います。

 

 

《ゆうゆうメルカリ便が発送できる場所》

  • ローソン(Loppi設置の約12,300店舗)
  • 郵便局(ゆうプリタッチ設置の約1,100局)

 ※日本郵便のシステム障害により、ローソンからの発送ができない状況が続いていましたが、2017年10月31日(火)10時から再開されました。

 

《らくらくメルカリ便が発送できる場所》

  • ヤマト運輸の営業所(ネコピット設置の営業所)※所数不明
  • ファミリーマート(Famiポート設置の約11,500店舗)
  • サークルKサンクス(Kステーション設置の約6.500店舗)
  • 自宅への集荷(集荷料金は別途30円)※ネコポス非対応

  

ここが利便性に直結する部分だと思いますが、注意点としてはゆうゆうメルカリ便が発送できる郵便局はまだ少ないということです。

 

全国の郵便局数は24,000以上ですが、サービススタート時点で利用できる郵便局はわずか約1,000局です。

 

近所にあるかどうかで手間が変わってくるポイントなので人によるとは思いますが、発送できる場所の絶対数としてはローソンの方が圧倒的に多いですね。

 

ただ、2017年内にゆうプリタッチ設置の郵便局は5,000局まで拡大予定とのことです。詳細は日本郵便の公式サイトから確認できます。

e発送サービス - 日本郵便

 

らくらくメルカリ便は発送できるコンビニの店舗数の多さに加えて、自宅への集荷にも対応している点がゆうゆうメルカリ便との違いですが、ネコポスは集荷非対応となっています。

 

 

購入者に届く配達までの日数の違い

まず前提として提携企業が公式サイトに記載している配送までの日数をご覧ください。

 

《ゆうゆうメルカリ便(日本郵便)》

おおむね差出日の翌日~翌々日にお届けいたします。

※お届け先が遠方の場合、離島などの一部地域の場合などはさらに数日要する場合があります。また、差出時刻によっても異なる場合があります。

出典:ゆうパケット - 日本郵便より引用

 

《らくらくメルカリ便(ヤマト運輸)》

宅急便同様のお届け日数で、全国翌日配達

宅急便ネットワークを活用したスピード輸送を実現します。
※一部地域を除く。

出典:ネコポス | ヤマト運輸より引用

 

上記はそれぞれゆうパケットネコポスのサイトからの引用ですが、ゆうパック宅急便・宅急便コンパクトも同様です。

 

ゆうゆうメルカリ便でも、近隣なら翌日に届くこともあるのであまり変わらないように見えますが、関東→沖縄のような遠方への配送は5日以上掛かることもあります

 

らくらくメルカリ便の場合には、関東→沖縄でも大抵の場合は2日で届くので、3日以上も差がつくことがあります。

 

コンビニからの発送時は配達日数に注意

ここまで説明してきた公式サイトにある配達完了までの日数は、郵便局やヤマト運輸の営業所からの当日発送をした場合の例です。

 

この2つのメルカリ便では、店舗数の利点からコンビニからの発送を利用する人が多くいます。

 

郵便局とヤマト運輸のコンビニへの集荷時間は場所により違いますが、例えばその日の集荷が終わった後にコンビニから発送すると翌日の集荷になるので、その分配達が遅くなります。

 

頻繁に利用するコンビニがあるようであれば、店員さんに集荷時間の目安を聞いておくのといいかもしれませんね。

 

ちなみにどちらのメルカリ便もメンテナンスのようなイレギュラーな場合を除けば、24時間コンビニから発送することができます。

 

ですので、急ぎのときはヤマト運輸から発送するらくらくメルカリ便がお勧めです。

 

 

”郵便局・コンビニ受取”と”お届け日・時間帯指定”

ゆうゆうメルカリ便は自宅以外に受取場所が指定できるメルカリでは初めての配送サービスです。

 

それに対して、らくらくメルカリ便はお届け日と時間帯指定が利用できます※ネコポス非対応

 

この2つの付加サービスはそれぞれにしか対応していないため、ゆうゆうメルカリ便では日時指定は出来ませんし、らくらくメルカリ便には店舗受取はありません

 

 

《ゆうゆうメルカリ便で受取指定できる場所》

 

  • コンビニ(ローソン/ミニストップ)
  • 郵便局
  • はこぽす

 

のいずれかの選択が可能です。

 

ちなみに、はこぽすというのは郵便局などに設置されたロッカーのことで、現状では全国に117ヶ所しかありません。

 

ゆうゆうメルカリ便の郵便局・コンビニ受取の流れ

ゆうゆうメルカリ便の受取場所指定は購入者が購入手続き時に行いますが、購入前からゆうゆうメルカリ便で出品されていることが条件です。

 

この購入手続き時というのは、商品画面右下の「購入手続きへ」をタップすると表示される時のことで、支払い方法や配送先が表示される画面です。

 

1.「配送先」をタップ

2.「新しい受取場所」をタップ

3.「受取場所選択TOP」から項目を選び、希望する場所を選択し、「ここで受け取る」をタップ
《参考画像》

受取場所選択TOP

4.「配送先」を確認し、「購入する」をタップ

 

という流れになります。

 

ちなみに、コンビニ受取の場合は店舗到着の翌日から7日以内、はこぽすの場合は店舗到着のお知らせから3日以内に受け取らないと出品者に返品になってしまいます。

 

 

《らくらくメルカリ便で出来るお届け日・時間帯指定》

らくらくメルカリ便では5つの時間帯と、最大で1週間先までのお届け日を指定することができます。※ネコポス非対応

 

この指定は発送時に出品者が専用端末から操作するため、利用する場合は事前に購入者に希望する日時を聞いておく必要があります。

 

指定できる時間帯は

  • 午前中
  • 14時~16時
  • 16時~18時
  • 18時~20時
  • 19時~21時

です。

 

ただし、この日時指定をしようとすると、場合によっては最短の配送日の翌日以降しか指定できないことがあります。

 

例えば、近隣でいつも翌日に届いているような配送先なのに、翌々日以降しか指定出来なかったりします。

 

なのでとくに指定がなく最短で送りたい場合は「指定なし」で発送することをおすすめします。

 

 

最後に

ゆうゆうメルカリ便とらくらくメルカリ便の違いをまとめてみましたが、結局どっちがいいの?と聞かれたら、個人的にはらくらくメルカリ便をお勧めします

 

理由はヤマト運輸と日本郵便の配送の違いです。

 

らくらくメルカリ便の方が配達日数が早い場合が多いこともありますが、それに加えて不在で受け取れない時も連絡しなくても再配達というか再度寄ってくれたりします。

 

これは場所にもよると思いますが、ネガティブな理由を言えば、ゆうゆうメルカリ便はサービス開始から日が浅く、現状ではローソンの店員さんはもちろん郵便局員さんでも理解していないことがあります。

 

そして、出品側の立場からすると、店舗受取は利便性は高いですが、受け取りまでの日数が伸びるケースが多くなりそうでやや不安があります。

 

ただ、ネコポスとゆうパケットを比べると料金の違いだけではなく、厚み0.5cmの違いが意外と大きな差です。

 

 

住んでいる場所や商品によってこの辺の利便性は変わってくるとは思いますが、これだけ充実した内容の配送サービスが選べるようになったのは嬉しい限りですね。

 

今後も2つのメルカリ便を利用して気づいた点があったら追記したいと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。