読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メルカリはじめました。

元ショップ店長のフリマアプリ「メルカリ」出品体験ブログ


スポンサーリンク


メルカリで出品者検索をする方法はホントにないの?

検索

 

メルカリでは現状正式な機能としての出品者検索はありません。

しかし、実は100%ではありませんが出品者を検索する方法があります。

 

 

メルカリでの出品者検索のやり方

 

 それはズバリ、商品検索からユーザー名で検索する方法です。

 

ここで言う商品検索とはメルカリのページ上部にある「虫眼鏡アイコン」を利用した検索のことです。

 

ここにあなたが検索したいユーザー名を入力します。

たったこれだけです。

 

 

出品者検索には専用出品を利用する

 

この方法で検索できる理由は

 

  • 専用出品があるとヒットする
  • 購入済みの商品も検索できる

の2つです。

 

もちろん検索したいユーザーが専用出品から購入していることが前提となりますし、その商品が削除された場合は検索できないことになります。

 

ですが、購入者としての利用機会が多いユーザーであれば高確率でヒットします。

 

検索したいユーザー名で商品がヒットしてしまう場合には

”◯◯◯◯(ユーザー名) 専用” で検索してください。『専用』の文字の前にはスペースを開けます。

 

メルカリでは取引完了後2週間経てば売却済みの商品画面を削除できますが、そのままにしている方も多いです。

 

 

専用出品画面から検索したユーザーページにいく方法

 

これには2パターンあります。

 

①専用出品の商品画面にコメントが残っている場合

②専用出品の商品画面にコメントが残っていない場合

 

①の場合は簡単で、そのコメントの「ユーザーアイコン」をタップすればOKです。

 

②の場合はまず「出品者アイコン」から出品者のページにいき、「評価一覧」を開いて検索したユーザー名を探しましょう。

 

メルカリではユーザー名がいつでも変更できるため、名前が変更されていると確実に探すことはできませんが、出品の日付からおおよその時期を予測して探すことはできるかもしれません。

 

 

出品者検索をする理由

 

これは様々ですが、特定のユーザーをブロックしたい場合や、過去に気になる商品を出品していたユーザーを探すなどに利用することが多いでしょう。

 

「いいね!」を付けていても商品が削除されてしまうと追えなくなってしまうので、ユーザーに対してのお気に入り機能などが採用されたら便利になりますね。

 

逆にここまでしてブロックされるようなマナー違反をするユーザーが減って、メルカリがより安心に利用できるアプリになるといいなと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

《オススメ記事》